ノベルティグッズにオリジナル缶バッチを利用してみる

缶バッチの活用方法はいろいろとありますが、ノベルティグッズとして利用してみるのも良いのではないでしょうか。
企業にとって、宣伝戦略はとても大切ではあるのですが、一方で宣伝ありきとなってしまうと敬遠されてしまうのも事実です。

あまり「宣伝・広告です」といった雰囲気を出さずに自然と宣伝効果が出るようなものこそ理想なのですが、そのようなものはなかなかありません。
インターネットでも、広告のページと分かるとすぐに閉じてしまう人も多いのではないでしょうか。

ですが、宣伝や広告であっても面白いものであれば見てくれます。
缶バッチであればそれが可能なのです。
缶バッチの場合、キャラクター性でアピール出来ます。
あまりにも高価過ぎるものですと、かえって嫌味に捉えられかねません。

ですが缶バッチですと、そもそも缶バッチ自体が可愛らしいアイテムとして認識されていますし、更には缶バッチを気に入って装着してくれれば、そこもまた、新たな宣伝効果を生み出せる場となってくれるのです。
缶バッチをつけている人が周囲に「これ可愛いでしょ!」とアピールしてくれれば、十分な宣伝となります。
※参考リンク:布製缶バッジ

つまりは副次的に様々な形での広告効果を生み出せるようになりますので、実はとても有意義な方法でもあるのです。
しかも宣伝ありきではなく、あくまでも缶バッチのキャラクター性によってですので、企業や会社にとってマイナスイメージになるような事もありません。
口コミ的に人気が広まり、多くの人により良い印象を与えられるようになる可能性を秘めているのです。

ノベルティなどあまり意味がないのではと思う人もいるかもしれませんが、缶バッチのように幅広い年齢層にアピール出来るアイテムであれば、嫌味にならず、さらには敵意や悪意を与える事なく宣伝出来ます。
どのような形で宣伝すれば良いのか迷っているくらいであれば、缶バッチはコストも安いですから、ノベルティにしてみてはいかがでしょう。