認可保育園について解説

認可保育園について

子育て世帯にとって関連の深い保育園ですが、一口に保育園と言っても2種類あることをご存知でしょうか。

それは「認可保育園」と「無認可保育園」です。

ハッピーマムなどの認可保育園は、国が定めた認可基準をクリアした施設です。

認可基準は施設の広さ、保育士等の職員数、給食設備などいくつかあります。

認可は都道府県知事や政令指定都市市長、中核市市長に出されます。

そして無認可保育園は文字通り、上記の基準をクリアしていない施設ということになります。

今回は認可保育園について解説致します。

認可保育園の中には公立と私立の施設があります。

公立は自治体、私立は社会福祉法人、NPO法人、株式会社などが運営しています。

国から認可されている施設なので、補助金も出ます。

子育て支援や待機児童の解消に積極的な自治体では補助金額を上乗せしている場合もあります。

一方で補助金がもらえる代わりに園児を選べないことや保育料の上乗せが出来ないなどの制約があることも事実です。

預ける側としてのメリットは保育の質が保たれている確率が高いこと

預ける側としてのメリットは保育の質が保たれている確率が高いことが挙げられます。

保育の質という言葉には様々な解釈がありますが、子ども1人あたりに対しての保育士の人数や、施設の面積など、国の定める最低基準の質は確保されているという安心はありますね。

年齢別に保育室が整備されているので、特に乳幼児のうちは体の大きさが変わらない同年齢の子供たちと一緒に保育をしてもらえるのも、保護者としては嬉しいです。

また保育料が所得に応じて決定することもメリットです。

これは認可の場合、国や自治体から運営に関わる資金が補助されるシステムがあるので、保護者の金銭的負担が少なくなるからです。

兄弟や姉妹と同時に通わせる場合に保育料の減免措置がある自治体もあります。

給食室の設置が必須なので、毎日のおやつや昼食、延長保育の場合は夕食まで園内で栄養士が手作りしたものが食べれるのは保護者にとっても子どもにとっても嬉しいものです。

お弁当を毎日準備する必要もありません。

一方で認可と言えどもデメリットもあります。

保育時間のバリエーションが無認可に比べて少ないことはデメリット

まずは保育時間のバリエーションが無認可に比べて少ないことが挙げられます。

日曜祝日は休園する施設が多いですし、深夜保育を実施している施設も少ないです。

保護者の勤務時間や勤務日が不規則な場合は、逆に保護者の仕事の方に制限をする必要が出てきます。

また受入人数は施設ごとに制限されますので、満員の場合は空き待ちをする必要がありますし、空き待ちも先着で入園出来るわけではなく、保育の必要性が高い家庭を優先して自治体が決定します。

早く申し込んだからと言って、空きが出たらすぐに入れるわけではないので、保護者は復職予定を立てるのが難しくなります。

保護者が休職中だと優先順位が低くなるというポイントもあります。

無認可の場合は、空きがあれば保護者の就労状況や保育の必要性に関わらず入園出来ますし、認可の施設と違い、入園の可否がすぐわかるので、すぐ預けてすぐ働きたい方には向いているかもしれません。

認可に入園させたい場合は見学申込をし、第5希望までの園を記入し、自治体に提出、数か月後に可否が通知されます。

どこの園に入園出来るか、もしくはどこにも入れないのか、どちらにしても年度末に通知されるので、4月からの復職を予定していてどこの園にも入園出来なかったという場合は急いで他のサービスを手配するか、育児休業を延長するか選ばなくてはなりません。

認可は無認可に比べるとサービスのバリエーションも少ないことが多く、送迎バスがあるところは限られていますし、習い事の種類も少なく、保育料の支払いはクレジットカード払いは出来ず、引き落としのみということも多いです。

毎日の持ち物はオムツ、お手拭き、エプロン、着替え、布団カバーなどとても多く、子どもが小さいうちは汚してくることも多いので持ち帰りからまた洗濯して準備という手間も掛かります。

検討している施設は少しでも多く見学するのが見極める秘訣

どの保育園にしても、特徴は様々です。

施設のリニューアルでプログラムや雰囲気がガラッと変わることもあるので、検討している施設は少しでも多く見学するのが見極める秘訣です。

そこにいる職員や子供の表情を見て、自分や子供が通ったときになじめるか楽しめるかをしっかりイメージしてみましょう。

保育園は一生のうち、特に重要な幼少期に長い時間を過ごす重要な場所です。

安心出来る施設で、安心して預けられる園に出会えるよう、前もってきちんと情報を収集し、噂や口コミだけではなく自分で足を運んでみましょう。

最近では子ども食堂や園庭開放、育児相談など、地域に広く門戸を広げている保育園も多いので、そういったイベントに参加してみるのもひとつの手段です。

仕事と家庭の両立はハードですが、信頼できる保育園に出会えれば、それだけでストレスが軽減され、仕事のパフォーマンスも上がります。

家族の将来のために、まずは保育園選びをきちんと行うことから始めましょう。

 

ハッピーマムに学ぶ!保育園の重要性と現状

保育園は人手不足で入園待ちが発生している

共働きが珍しくない現代では、小さな子供を安心して預けられる施設が、子育てにおいて重要となっています。
中でも保育園は誕生から現在に至るまで、多くの親を支えてきた歴史と価値があります。

朝早くから仕事終わりまで子供を預けられる、このサービス内容は共働き、あるいはひとり親にとって大きな意味を持ちます。
短時間であれば、子供の面倒を身近な人に任せるのもありですが、連日となれば施設に預ける必要性が高まります。

少なくとも、平日毎日決まった時間の間に預けられるのが理想的で、見守りだけでなく教育も支援する施設が求められます。
保育園はいずれの希望も満たすもので、食事やトイレの世話は勿論、遊びながら成長をサポートしてくれます。

少子化が進んでいる社会情勢ですから、入園の難易度は低いと考えがちですが、実は人手不足で入園待ちが発生しています。
いわゆる待機児童の問題は、養育施設の種類に限らず全国の都市部に広がっているのが現状です。
特に人口密度が過密な東京では深刻で、親は子供の為に、余裕のないイス取りゲームに挑戦しているような状態です。

待機児童の原因について

待機児童の原因は様々ですが、一つは女性の社会進出が進んだ結果、施設に対する需要が急上昇したことが挙げられます。
25歳以上で結婚している人の就業率は、実に6割を超えているという統計データもあるほどです。

一人の保育士がカバーできる子供の数は限られるので、人材確保や教育の必要性が高まっています。
一方では、核家族化が進んで頼れる身近な親や親戚が減ったことも、保育園に関わる待機児童問題の理由の一つです。

子供のいる家庭の約8割が核家族ですから、必然的に施設に預けざるを得なくなっているといえます。
施設と保育士の数を増やせば解決しますが、急激な需要の増加に応えられるはずもなく、人手も足りていないことが知られます。

施設不足の原因には、地域住民の理解を得ることが難しく、新規に設立できない状況があります。
設立には一定の土地の広さや条件を満たす必要があって、条件に合う環境となると限られます。

子供の声を騒音と捉える人が増えている

また、子供の声を騒音と捉える人が増えているので、そういった社会的な変化も保育園の増加を拒んでいます。
待機児童の増加は、都市部を中心に問題が深刻化していますから、余裕のない人口密度故に土地の確保や理解を得る難しさがあるのは当然です。

しかし、何もしないで手を拱いていては、女性の社会進出の妨げとなって経済の成長にも影響が出ます。
子育てと仕事、その両立を目指す女性が増えているというのは、子供を望んだり生んで育てたい人が存在することを意味します。

保育園の充実は少子化対策の面でも急務なので、早めに対策をしたり結果を出す必要があるでしょう。
政府も指を咥えて見ているわけではなく、保育士の条件を緩和することで、人材を増やす取り組みを行っています。

成果は少しずつ現れていますが、根本的に待機児童問題が解消できるほどではなく、大幅な改善にはまだ時間が掛かりそうな様子です。
資格は持っているのに保育士になりたがらないという、能力が活かせていない状況も問題の解決を遠ざけます。

有資格者が保育士にならない理由とは?

有資格者が保育士にならない理由には、賃金や労働環境などの待遇に不満で、生活を続ける難しさなども加わります。
保育士の平均賃金は、ここ10年ほど300万円台前半と横ばいで、上昇する傾向を見せていないのが実情です。

生活を支える収入源として考える以上、仕事はより大きな収入を得られるものを選ぶのが自然です。
キャリアアップも賃金の上昇も望めない、これでは将来的な希望も持てないので、積極的に就職を希望する人が少ないのも当然でしょう。

月収に換算すると約22万円で、時給なら1200円ほどですから、都市部で生活をするには物足りない金額です。
勤続10年のベテラン保育士であっても、賃金の増加は起こっていないのが今の保育園です。

少子化で子供一人の価値が高まっていることもあって、政府は保育士の待遇改善に乗り出しています。
労働環境を見直したり、賃金アップの促進を行っていますが、実際はあまり成果が出ていないといえるでしょう。
環境の変化には時間が掛かる見込みですから、親にとっても自己防衛や対策が求められます。

働き方を変えて子育ての負担を減らすなど

子供を預かる園という母数が不足しているので、これから子供を育てる予定があるなら、対応を考えたり実践する必要があります。
具体的な対策方法としては、働き方を変えて子育ての負担を減らしたり、待機児童の問題がない地域に引っ越すなどです。

企業によっては、自社で保育施設や人材を確保している場合がありますから、こういった会社に転職するのもありです。
待機児童には地域差や偏りがあるので、都市部を避けて引っ越しを行えば解決します。

これらの対応が難しい場合は、在宅業務で仕事を続ける方法もあります。
いずれも妥協案ではありますが、入園可能な施設探しと並行して、検討したり考えてみる価値のある選択肢です。
根本的な問題解決が進まない以上は、親の側で柔軟に対応する他ないのが現実だとハッピーマムの人は言及しています。ハッピーマム

 

林修先生が教える地名の由来

林修先生がメディアを通じて教える地名の由来

東進ハイスクール所属の予備校講師、国語科(現代文)担当の林修氏。

授業中に言った「いつやるか? 今でしょ!」というセリフが予備校のCMに使われたことがきっかけで、知名度があがり、テレビ出演や書籍の出版などが増え、テレビ番組「林先生が驚く初耳学」でもその見識の広さがうなずける。
・関連記事「東進MSG予備校の評判と選ぶポイント

その林先生がいろいろなメディアを通じて教えている地名の雑学あれこれをまとめてみました。

教えている地名の雑学あれこれ

その1「浅草(あさくさ)と浅草寺(せんそうじ)では、なぜ読み方が違うの?」
浅草(あさくさ)と読ませる説では、その昔、海辺に浅い草(短い草)が生い茂っていたからというもの。

浅草寺(せんそうじ)と読ませる説は、仏教は中国から来ているので、お寺の名前は基本的に音読みとなるからというもの。

もちろん、同じ漢字を使っていても、神社とお寺では読み方が違う場合もあります。
(秋葉寺(しゅうようじ)・秋葉(あきば)神社など)

その2「山手線は「やまのてせん」「やまてせん」どちらが正しいの?
正解は「やまのてせん」。

江戸城の西側が高台になっていたので「山の手」、東側は低地だったので「下町」と言っていました。

1885年に開業した鉄道が山の手を走っていたので「やまのてせん」といいましたが、戦後GHQによってロ-マ字読みで書かれた時に「YAMATE」と誤って表示されたため「やまてせん」と言う名残があります。

その3 有楽町の駅名
山手線(やまのてせん)の銀座の最寄り駅、文字通り「楽しいことがある」という意味ではありません。

織田信長の弟に「織田有楽斎」という茶人がいて、その屋敷が有楽町のあたりにあったからだそうです。

その4 目黒駅&目白駅の由来は?
「目黒駅」は目黒不動尊に因んで付けられました。同様に「目白駅」も目白不動尊にちなんでつけられました。

駅としては残っていませんが、他にも目赤・目青・目黄の各不動尊が江戸の町を守るために、江戸城の周りに作られていました。

その5 林先生もびっくり、日本の難解地名ランキングベスト10を紹介しましょう。

日本の難解地名ランキングベスト10

林先生なら、軽々読めてしまいそうですね。

1、重蘭窮(北海道釧路市)
読み方:ちぷらんけうし
北海道は、アイヌ語の地名が多くあるため、かなり読みにくいとされています。
当て字も多いようです。
まんなかの「らん」しか読めないの普通でしょうか。

2、於尋麻布(北海道羅臼町)
読み方:おたずねまっぷ
こちらもアイヌ語由来の地名。一度聞くと、まんがチックで忘れられない気がします。

3、老者舞(北海道釧路市)
読み方:おしゃまっぷ
こちらは、比較的、観光ガイドなどにも登場する地名なので、読みやすいかもしれません。

4、雲谷(青森県青森市)
読み方:もや
北海道の次は東北です。

5、女鹿(岩手県二戸郡一戸町)
読み方:めが
めじかさんという名前の方にお会いしたことがあります。

6、大垬(福島県矢祭町)
読み方:おおぬかり
「ぬかり」で変換してもこの漢字「垬」はでてきません。

7、局局(山形県酒田市)
読み方:つぼねつぼね
読もうと思えば読めないことはなさそうですが、「え?」という漢字がします。

8、木葉下町(茨城県水戸市)
読み方:あぼっけちょう
よいやく関東圏です。
アイヌ語由来の説もあるそうです。

9、県(栃木県足利市)
読み方:あがた
「県」にはこんな訓読みがあるのです。

10.黒保根町宿廻(群馬県桐生市)
読み方:くろほねちょうしゅくめぐり
読めないこともなさそうですが、長い地名です。

国内難解駅名ベスト5

そのほかにも、林先生のうんちくのなかに駅名もありましたので、国内難解駅名ベスト5ものせておきましょう。

1位「特牛=こっとい」(山口県下関市)
「とくうし」「とくぎゅう」としか読めませんね。大きな牝牛をこの地方で「コトイ」と呼ぶことからだそうです。

2位「及位=のぞき」(山形県真室川町)
修験者が「高い地位に及ぶ」ために、「高所で宙吊りになり崖の横穴を覗く」修行をしたから。語源を知れば、なるほどと思います。

3位「朝来=あっそ」(和歌山県上富田町)
兵庫県北部に位置する朝来(あさご)からの移民が開拓した土地に由来する説が有力です。

4位「晩生内=おそきない」(北海道浦臼町)
近くを流れる川がアイヌ語でオ・ショキ・ナイ(川尻が高くなっている川)と呼ばれていたからだそうです。

5位「上枝=ほずえ」(岐阜県高山市)
川上郷と三枝郷の2集落の合成地名で、旧村名でもあった。読み方は穂の先を意味する穂末にちなんだそうです。

と、地名や駅名などには知らないことが多くありますが、林先生のルーツを聞けば、「なるほど!」と納得できることも多いので、日本全国の地名や駅名、さらには人命などのルーツも、初耳学などで聞いてみたいものだなあと思います。

それにしても、これだけのウンチクの深い林先生に教わるチャンスのある受験生ってうらやましい限りです。

国語を教えているからこそ、日本の成り立ちや、日本の地理、ここに紹介したような地名や駅名、さらには人名といったことにまで知識が及んでいる、あたりまえさに脱帽してしまいます。