炭酸泉の特特徴や効能について

温泉について

最近、昔からある銭湯は少なくなってきましたが、その代わりに温泉のような場所がたくさんできています。

本当に温泉が出るところは観光地として以前から多くの人が訪れていますが、採掘しても温泉が出なかった市街地にもいつでも入ることができ、お風呂だけでなくマッサージをする店舗や岩盤浴ができる施設なども取り入れた大型の温浴施設が各地に造られ、地域の人たちに親しまれています。

温浴施設の中には、水風呂やジェット湯、薬草風呂、露天風呂、打たせ湯など趣向を凝らした種類のお風呂が取り入れられ、一度入ると様々なお風呂を楽しむことができます。

そんな中に炭酸泉が取り入れられているところがあります。

株式会社ジュテムの社長である谷尾和昭氏はこの炭酸泉について研究しているひとりです。

炭酸泉は二酸化炭素が溶け込んだお風呂で、日本では1リットルの湯に対し0.25g以上の炭酸が溶け込んだものと規定されています。

お風呂につかると細かい気泡が肌にたくさん付着し、炭酸のジュースの中に入っているようになります。

また通常の湯よりも2、3度高めに感じるので低めの湯温でもゆっくりとつかることができ、体の芯から温まるという効能があります。

人工的に作られたものと天然のものがあり、天然の場合ははじめから二酸化炭酸が含まれた状態で湧いています。

しかし二酸化炭素は湯音が高くなると抜けてしまったり、長居パイプで運ばれている間に振動で抜けてしまうという性質があります。

そのため温泉の多い日本でも、火山活動が激しく湯音が高いところが多いので、もとから二酸化炭素を含んだ温泉が、実際に温泉で使われていることは少ないのです。

人工的に作る方法とは?

人工的に作る場合は、湯に炭酸の粉末を混ぜたり機械で二酸化炭素を溶け込ませて作ります。

高温の湯にも大量の炭酸ガスを溶け込ませることができる特殊な機械ができているためほとんどの大型銭湯では機械を使って二酸化炭素を溶け込ませて作られています。

出典:谷尾和昭

1リットルあたり1gの高濃度の炭酸を溶け込ませてたものも医療機関や介護施設、温浴施設、フィットネスクラブなどでも使われていると谷尾和昭氏は語っています。

ヨーロッパ各地では天然の炭酸泉が多く湧き、古くからよく知られていて世界中の人に親しまれていましたが、19世紀後半になってから様々な効能についての研究がされ始め、治療施設やクアハウスなどで治療に利用されるようになりました。

日本では江戸時代末期に温泉医学が入ると同時に研究が行われるようになりましたが、日本には天然のものが少なく昭和初期にドイツで温泉医学を学んだ研究者によって見出されたものです。

炭酸泉に浸かると湯に溶け込んだ炭酸ガスが皮膚に素早く浸透し血管の平滑筋に働きかけて、平滑筋を弛緩させ血管を広げます。

低めの温度でゆっくりとつかることができるので体の芯から温まることができますが、血管を広げる働きもあるのでさらにその効果が高まります。

血流量が増え温まった血液が全身を巡るので入浴後も体が温かい状態が持続します。

血行がよくなると体内の老廃物や疲労物質を回収して排出してくれるので代謝が上がり、むくみが解消し、疲労回復にもつながります。

また炭酸が肌表面に付着する古い角質などの老廃物を除去する働きもあるので美容効果も高まったり、髪の毛にはキューティクル効果も望めます。

毛細血管を刺激することでアンチエイジング効果も期待されます。

炭酸浴をすると空腹感を解消することもできるので食欲を抑えることも期待できます。

さらに夜に入浴をすることでリラックスし眠気も感じやすくなるのでよい睡眠を導入することもできます。

自宅で炭酸泉を作る方法について

しかし血液中に二酸化炭素が増えるので酸欠状態になります。

健康な方なら支障はなく体をしっかりと温めるために20分から30分の入浴が推奨されていますが、運動のやりすぎや食事制限をしすぎている場合、普段から貧血気味の人が酸欠状態になるとめまいや立ち眩みが起こることもあるので、あまり長時間の入浴は控えて長くても15分位で切り上げるようにします。

これらの効能がありますが、同じように炭酸が入っていても一般に飲料として飲まれる炭酸水とは違いがあるのです。

それは炭酸泉は湯に二酸化炭素が溶け込んだものというもの細かい気泡が立ちますが、炭酸水は水に二酸化炭素を混ぜているだけなので炭酸水の気泡が大きいため皮膚に吸収されるということはないので、炭酸水でお風呂を作っても同じような効能を得ることができないのです。

だから自宅で炭酸泉を作る時は炭酸水を混ぜるのではなく、食品グレード以上の重曹とクエン酸を使って作ると谷尾和昭氏は自身のサイトで公表してます。

湯音は高くなると溶けにくくなるので35度から38度に設定して作るようにします。

クエン酸と重曹の量は1対1.3の割合です。

入浴する直前にクエン酸300gと重曹を390g入れて素早く混ぜてすぐに入浴をするようにします。

その湯は少しぬるぬるしますがそれが肌を包み込み皮脂汚れや浴槽の汚れを浮かせてくれます。

作った後は10分間ぐらいしか気泡が続かないので、気泡や効能を楽しむには作る直前に作ってすぐに入ることが大切です。

 

コラーゲンのサプリメントについて

コラーゲンの含まれたサプリメントは成分の含有量の多さで選んでしまう人もいるでしょう。
しかし、効果を実感したいという場合、選ぶ時にポイントを知っておくことが大切です。

一般的なコラーゲンは分子が大きいため、そのままでは吸収されずに外に排出されてしまうということです。
そのため分子量の小さい低分子コラーゲンの商品を選ぶと良いでしょう。

また、この成分はアミノ酸と一緒に摂取するとさらに効果がアップするということです。

また、独特の臭いやクセのある商品も多いため、飲みやすさも大きなポイントです。
サプリメントといってもカプセルタイプやパウダータイプ、液体タイプなどさまざまな形状のものがあります。
味や臭いが気になる場合、カプセルタイプを選ぶと良いでしょう。

カプセルタイプは飲みやすさを重視しており、成分の含有量が少ないこともあります。
しかし、毎日続けるためには飲みやすさはかなり重要ですし、持ち運びしやすいというメリットもあります。
液体タイプは味付けされているものが多く、さまざまな味の商品が販売されています。

毎日違う味のものを選べば飽きずに続けることができますが、ペットボトルや瓶に入っているのでゴミが多くなります。
ちなみに、ドリンクタイプはビタミンCが一緒に配合されていることもあります。
ビタミンCを摂取することにより、アミノ酸に分解されてしまったコラーゲンを再結合させることができますし、この2つを同時に摂取することで高い効果を実感できるようになるでしょう。

パウダータイプはさまざまな食事に一緒に混ぜることができます。
味にバリエーションを出すことができるので続けやすいのですが、持ち運びには向いていません。
サプリメントを利用する時はどのタイプが良いのかしっかり考えて選んでいくと良いでしょう。

また、1つのタイプに決めるのではなく、いろいろなタイプを使い分けるのもおすすめです。
また、この成分は体内で毎日分解されているため、しっかり補っていく必要があります。
値段の高すぎる商品は続けることが難しくなるため、1日100円前後で続けられるものを選ぶのがおすすめです。

お試しのあるものや返金保証のついているものだと気軽に試すことができるでしょう。
返金保証の条件は商品によって異なっているため、購入前にきちんと確認しておくのがおすすめです。

また、単品購入だけでなく定期コースが用意されているサプリメントなどもあります。
定期コースだと値段が割引されますし、毎月商品を注文する手間も省くことができます。

サプリメントには飲むタイミングなどが厳密に決まっているわけではありません。
しかし、効果を高めたいという場合、おすすめのタイミングがあるので知っておくと良いでしょう。(参考:コラーゲンサプリメント飲むタイミング

食後30分後〜1時間以内は食べ物の消化や分解によって内臓の働きが活性化されています。
成分によっても異なってきますが、一般的には空腹時ではなく食後に飲んだ方が成分が吸収されやすいと言えるでしょう。

また、睡眠中は肌や体の修復が行われていますし、新しい細胞が作られています。
そのため寝る前に飲むようにするのもおすすめです。

しかし、寝る直前だと成分の消化や分解に時間がかかってしまうため、寝る1〜2時間前までに飲んでおくと良いでしょう。
おすすめのタイミングもありますが、それより毎日続ける方が大切と言われています。
そのため飲み忘れないことが重要であり、毎日同じタイミングで飲むようにしましょう。

この成分は過剰摂取しても副作用のリスクはほとんどありません。
しかし、タンパク質にアレルギーがある人や豚、牛などにアレルギーがある人なども摂取を控えた方が良いでしょう。
この成分の材料となるアミノ酸は必須アミノ酸ではありません。
そのためこれらのアミノ酸を意識した食事を摂取した場合、脂質やカロリーオーバーになってしまうこともあります。

食事のバランスにも気を付けることで美容や健康に良い効果を期待できるでしょう。

この成分は主に魚や豚、牛などが使われていますが、それぞれの特徴を知っておくと良いでしょう。
魚由来のものは魚の皮や鱗を使っています。
比較的安く手に入りますし、カロリーが少ないことも注目されています。
豚由来のものは魚由来のものよりも成分が多いとされています。

しかし、カロリーが高いことやニキビができやすいこともあるので注意しましょう。
牛由来のものは牛の皮を使っています。
牛は狂牛病が心配だという人もいるかもしれませんが、牛の皮は感染の危険がないと確認されています。
アレルギーが起こりにくいですし、臭いも少ないというポイントがあります。

商品によって成分の吸収力が変わってしまうことはありませんし、続けやすいものを見つけることが大切です。
コラーゲンは毎日作られている成分なのですが、加齢や紫外線などの影響で作る量が少なくなってしまうこともあります。
そのため普通に補うのではなく、若々しい肌作りをサポートしてくれるような商品を選ぶと良いでしょう。

 

腰痛とモットンの機能

デスクワークや立ち仕事で腰が痛い、朝が起きると腰が痛いという経験をした人は多いと思います。

寝たのに腰に違和感や疲れが残っていたり、痛みがあるという場合、寝ている姿勢が問題の可能性があります。

寝起きの腰痛に悩まされているという場合、寝ている姿勢が問題ですがその原因を作っているのがマットレスです。

長い間使っていて寿命になっているマットレスを使っている、体重に合っていなマットレスが使っているという2つの原因が考えられます。

マットレスが寿命になると弾力性がなくなった状態になります。

特に体重のかかる中央部分が緩やかに窪んでしまっており、その状態で寝てしまうと背中や腰に体圧が集中してしまうことで腰や背中の痛みにつながります。

マットレスが寿命であれば買い換え時だと思い買い換えれば良いのですが、問題なのはマットレスを変えたばかりなのに腰が痛いというケースです。

重要なのは、マットレスの反発力です。

マットレスの反発力とは柔らかさと硬さ、弾力性などで押し返すことをいいます。

人気の低反発マットレスというのは、文字通り反発力の低いマットレスになります。

もともとは宇宙開発の中で衝撃吸収素材として開発されたものになり、圧力などを素材の内部で吸収するという特徴があります。

反発力が低いため体のラインに沿ってマットレスの中に体が沈み込む形となり、包まれているような感覚になります。

また、横向きになって寝ることが多い場合には腕や肩などの圧迫や、歪んだ姿勢なることが軽減されます。

ただし、包み込まれるということで寝返りがうちにくくなり、血流不足や全身または腰痛などを感じやすくなります。

このようなことを避けるためには、反発力の高い高反発マットレスがオススメです。

高反発マットレスがなぜ良いのか?

高反発マットレスとは、文字通り反発力の高いマットレスです。

寝返りするためには重いのはか筋肉の力が必要になります。

しかし、高反発マットレスは反発力が高いため無駄な力を使わずに寝返りをうつことができるようになっています。

また、体圧分散性が高いのも特徴です。

高反発素材の繊維があらゆる角度から体全体の体重を支えて体にかかる圧力を均一に分散してくれます。

そのため体が痛くなりにくいのです。

高反発マットレスの中でも特にオススメなのがモットンです。

モットンは腰痛対策に有効として販売されているマットレスで様々な機能があります。

従来の高反発マットレスよりも反発力が高く、寝返りをするときのエネルギーはほんの少しで良いとされています。

そのため歳をとって筋肉が衰えても自然な寝返りを無理なく行うことができます。

体を均等に持ち上げる機能があることから、肩からお尻まで一直線になり、歪みのない理想的な睡眠姿勢になります。

そのため背骨に負担をかけることがなく、腰痛や肩こりなどを軽減させることにもつながります。

通気性もよく蒸れにくい

また、モットンは通気性がよくムレにくいのもメリットといえます。

人は睡眠時に約コップ一杯の汗をかくと言われており、通気性が悪いと敷布団の湿度が上がってムレを感じて不快になってしまいます。

良質な睡眠の妨げになってしまいますが、モットンは発砲する泡の大きさを調節することによって高い通気性を得ることができるようになっており、快適な寝心地となっています。

素材に使われているウレタンフォームはダニや害虫が住み着いたり、発生しにくい素材です。

埃も出ないため掃除がしやすく衛生的であるという特徴もあります。

また、人は体重によって必要なマットレスの硬さが違ってきます。

モットンは体重に合わせてマットレスの硬さを選ぶことも可能です。

マットレスは睡眠時間という長い時間使用するもののため、しっかり体に合ったものを選ぶことが大切です。

<モットンの気になる特徴とは>

高反発マットレスであるモットンは、腰痛対策に効く、体にたいへんやさしいマットレスであるとして大きな人気を博しています。

では、その気になる特徴については何と言うことができるのでしょうか。

実はいくつかの優れた特徴を備えているため、それらをよく理解した上で使用することができるでしょう。

モットンの持つ特徴の一つは、何と言っても優れた反発力にあると言えるでしょう。

実際、その反発力の高さは、従来の高反発マットレスとは比べものにならないほどであると言われています。

もちろん、反発力がないため弾まない低反発のマットレスと比べるなら、その差は実に歴然としていると言ってよいでしょう。

高反発マットレスとして、高い反発力によって体をふんわりと押し上げることができるため、ふんわりとした寝心地を実感することができるようになるというのが大きな特徴となっています。

同時に、寝返りを打つ際に多くのエネルギー量を必要としないため、仮に筋肉が衰え気味な方であったとしても自然な寝返りができるのです。

体圧分散

もう一つの特徴は、体圧分散というものです。

これは、体を均等に持ち上げるというものです。

それによって、体のどこか一箇所に余分な負担がかかるといったことを避けることができます。

十センチほどの厚みがあるマットレスが体をしっかりと支えると同時に、体にぴったりフィットするように設計されています。

そのため、敷布団を使用しなくても、マットレスだけで使うことができ、なおかつ寝返りを打っても常に理想的な寝姿勢を保つことができるようになっているのです。

このようにきちんと体圧分散するおかげで、全身に心地よいふんわり感が実感でき、その結果心地よい睡眠が可能になるというわけです。

寝ている間にしっかりと筋肉を休ませることができ、胸や腰などへの負担を和らげることができるようになることでしょう。

耐久性と通気性

また別の特徴としては、優れた耐久性を挙げることができます。

モットンは、何と八万回に及ぶ耐久試験にさえ合格している商品であると言われています。

そのため、マットレスの上で何度寝返りをしてもそう簡単にへたれてしまうことはないでしょう。

一般的に言って、人生の三分の一ほどの時間をベッドの上で過ごすと言われているわけですから、このように耐久性に優れているというのは実に嬉しい特徴であると言えるでしょう。

加えて、もう一つの特徴としては、通気性に富んでいるという点を挙げることができるでしょう。

一般に、人は寝ている間に約コップ一杯分の汗をかいていると言われています。

そのため、敷布団の通気性が悪いとどうしても蒸れを感じ、心地よい睡眠が妨げられてしまいます。

しかし、モットンは発泡する泡の大きさを調整することによって、通気性を良くし心地よい睡眠が取れるように工夫されているのです。

また構造上、空気や汗が上から下へと流れやすくなっているため、蒸れにくいという特徴を備えています。

ダニも寄せ付けない

他にもたいへん嬉しい特徴として、ダニやノミなどを寄せ付けない衛生的なマットレスであるということです。

羽毛や羊毛、また木綿などはダニなどが付きやすく、ホコリも出やすいという特徴がありますが、その点モットンのウレタンフォームなら安心です。

ダニやノミといった害虫やホコリの発生を抑え、衛生的な状態を保つことができるのです。

一般的に言って、人それぞれ体型も違えば体重も違います。

そこで、モットンの優れた特徴の一つとして、自分の好みや体重などに合わせてマットレスの硬さを選べるという点があります。

自分にとって最適な硬さを見極める点で助けになるのは、各体重別に行なわれる体圧分散測定のデータです。

それらのデータに基づいて、できるだけ腰に負担のかからない最適な硬さを選ぶことができるようになっています。