ロイヤルウッド株式会社が提唱する住宅のあり方

資産価値を考えた住宅とは何か

住宅は本来人が長く住むものですが、近年ではその考え方が大きく変わりつつあります。

資産の運用が非常に重要視されその資産の1部として住宅が扱われるようになっている傾向が強く、購入する際にもその価値を重視する人が非常に増えているのです。

そのため自らが住むために購入するものでありながら、経年変化による価格の下落や立地条件など資産価値に対する評価を気にする人が多く、快適な住宅を手に入れることが二の次になっている傾向があるのです。

しかしこのような住宅の購入の仕方を行った場合、長い年月快適に家に住むと言うことができず、また家の中の様々な部分に関して常に資産価値の維持を考慮しながら生活をしなければならないため、非常に窮屈な思いをしなければなりません。

また一般に住宅は資産価値が高いと言われていますが経年変化により大きく下落していくものです。

特に購入したときに高額である住宅は様々な時代の特徴を備えていることが多く、その時には非常に価値の高いものであっても期間が経過するにつれその価値が極端に下落する場合が少なくありません。

そのため購入当初は資産価値が高いと購入しても、すぐに価値が下がってしまうと言うこともあるのです。

住宅を購入する際にはこのような問題点も十分に意識した上で、これを十分に維持できるものを選ぶとともに、元来の目的である快適にすることができると言うことを重視しなければならないことになります。

東日本大震災を機に住宅の評価基準が変わった

ロイヤルウッド株式会社は昨今の資産価値偏重の住宅の考え方ではなく、あくまでも快適に長く住むための住宅を中心に建築しています。

その上で効果的に維持できる住宅であることも非常に重要な要素と理解しているのです。

住宅の最大の価値は長く快適に住むことができると言うもので、その時代に合わせた流行をふんだんに取り入れたり、様々な価値の高いものを利用していると言う点ではありません。

これらの要素は時代の流れとともにすぐに淘汰されてしまい、その価値は急落してしまうため、住宅の価値を評価する場合にはこのような1時的なものに依存するのではなく、住宅本来の人が住む上での価値を十分に保つことが重要です。

この要素を踏まえて快適な住宅を建てることに注力しているのです。

現代の家の中で最も重要な要素は様々な災害に耐えながら安定して住むことができる強度と価値を備えていることや、将来に発生するであろうよきせぬ様々な災害に対しても十分に対応できる機能を持つことにあります。

東日本大震災では多くの住宅が倒壊し、では様々な自然災害を発生させたことで住宅自身の弱さが総合的に露呈した形となりました。

予想していなかった大きな揺れによるこれまでの常識を覆す耐震強度の充実が必要となることを思い知らされた外、液状化などの問題により地盤の確認が非常に重要であることも示されています。

今後はこれらの問題に十分に対応できなければ安心して住むことができる住宅とはならないため、東日本大震災を機に住宅の評価基準が大きく変貌し、これまで価値のあると思われていたものがその価値を大きく失ってしまっているのが現状です。

その中で大きな揺れに耐え、また液状化の際にも十分に住むことができる居住性を維持している住宅に対しては非常に評価が高まっているのが実態なのです。

住宅の価値を高める展開を行っている

ロイヤルウッド株式会社では、これらの要素を踏まえて快適に住むことができ資産価値を維持することができる住宅に注力をしています。(ロイヤルウッドについて詳しくはこちらをご覧ください→ロイヤルウッドで家を建てる

その中で注目されているのがスーパージオ工法と言われるもので、液状化のリスクがある場合に住宅を建てる際には地中に液状化で発生した水分を一時的に吸収することができる柱を土台として埋め込み、液状化による水の発生を一時的に抑える効果をもたらします。

同時にこの土台は家全体を支える重要なものとなるため、万が一地盤沈下や液状化が発生しても住宅自身をしっかりと支え、安定した状態を維持することができるのです。

液状化で発生した水分を土台の中に一時的に閉じ込めることができるため表面に液状化の現象が見られず、安定して住むことができるものとなっています。

ロイヤルウッド株式会社は、その他にも住宅の価値を高めるための様々な展開を行っています。

その1つが耐震構造を強化するためのFG構造と呼ばれるもので、柱の1本1本を従来の木材に比べ高い強度としなやかさを持つように加工することで、これによりこれまでの住宅に比べ高い耐震性を生み出すことができ、また様々な自然災害にも対応できる能力を持った家が建築できることになります。

住宅を購入する際には第一に自分自身が家族と快適にすることができるものをイメージすることが重要です。

その上で自然災害や経年変化による劣化に適応できる構造であることが重要で、その価値が失われないようなものとなっていることが重要な条件であり、ロイヤルウッド株式会社はこれらのポイントに重点を置いて住宅を製造しているのです。