こくみん共済の魅力など~手頃な掛け金と手厚い保障

■こくみん共済の魅力とは

こくみん共済は保険商品です。

その魅力としてまず挙げられるのが、保険でありながら非常に掛け金が手頃であると言う点です。

万が一のアクシデントなどに備えて加入する保険は、しかし時にその保険料が家計を圧迫してしまうことも少なくありません。

ただアクシデントに備えるためには保険に加入しないわけにもいかないため、仕方なく高い保険料を支払っていると言う方も多いかもしれませんが、こくみん共済の場合は、その点に関しては非常に安心です。

その理由としては、この保険を販売しているのが全労済であるからと言うことが挙げられます。

全労済と言うのは民間の保険会社とは異なり、営利を第一目的とはしていない団体です。

では何を第一目的としているのかと言うと、これは共済、つまり困った時には共に救済し合うことを第一としています。

そのため保険への掛け金も必要最低限の金額で済み、皆が助け合おうと言う精神のもとで支払われているからこそ、困った時には頼りになる保険が販売されていると言うことです。

■割戻金制度について

こくみん共済には割戻金制度もあり、これも魅力のひとつです。

保険に関してはその加入者から保険金が支払われるわけですが、もし、その期間中に保険を利用する人が少なかった場合には、当然、利用された保険金との間に余剰分が発生するはずです。

そこでこくみん共済ではその余剰分を保険加入者で割って、それを払い戻す制度を導入しています。

つまり1年に1度は支払った保険金の一部が戻ってくると言うことですから、これは保険金を支払い続けている人にとっては嬉しいことです。

それと同時、その額が大きいと言うことは保険を利用した人が少なかったと言うことであり、それだけ無事に過ごすことができた人が多かったと言うことですから、そうした幸せな気持ちを皆で共有できると言うのも大きな特徴です。

ただし掛け金が手頃と聞くと、保証内容が不十分であったり、保険としての種類が限定的なのではないか、と思う人もいるかもしれませんが、そんなことはないと言うのもこの保険の魅力です。

■保険の種類

具体的にどのような保険があるのかというと、まずは総合保障として入院保障、そして生命や障害に対しての保障が挙げられます。

入院や通院にかかる費用と言うのは、充実した医療を受けようとすればするほど、高くなる傾向にあります。

一方で必要な医療サービスを受けなければ、病気やケガからの回復も遅れがちになってしまいます。

よってその際になって金銭面で困ってしまわないよう、入院や通院に対しての保障は万全に備えておきたいと考えられます。

また家族の誰かの生命に何かあった場合や、重篤な障害が発生した場合も同様です。

特に障害に関しては治療の他にも介護が必要になることも多いため、金銭的負担はより大きくなりやすいです。

よって本人や家族の生活を守るためにも、こうした保障は欠かすことができず、その基本を総合保障は満たしてくれると考えられます。

それから医療保障です。

通院保障からもう一歩、踏み込んで医療に対しての備えを手厚くしておきたいと言う場合には、この医療保障が頼りになります。

女性特有の疾病に備えておきたいとか、がんへの備えを特に重視しておきたい、先進医療を受けられるようにしておきたいなど、個人の希望に合わせた種類が用意されているのは魅力的です。

そしてけがと補償に対しての保障です。

保険においては、自分が誰かに損失を負わせてしまった場合の補償も頭に入れておく必要があります。

万が一、誰かにけがをさせてしまったと言う場合でも、この保障があれば安心です。

またこの保障においては、国内のみですがバッグやカメラなどの携行品に損失が発生した場合にも、それがカバーされます。

■子供やシニア向けの保障も充実している

ところで保険と言うのは、家族構成によって必要な保障も変わってきます。

そこでこくみん共済では、子供とシニア向けの保障も充実しています。

元気だからこそ、思わぬアクシデントに遭遇しがちなリスクが高い子供に対しては、考えられるリスク全般をカバーする保障が用意されています。

またこの子供向け保障には、満期金を将来の教育資金として準備しておくことができるプランも用意されています。

万が一のアクシデントに備えながら、同時に教育資金へのアプローチも行えると言うのはまさに一石二鳥ですから検討の価値があります。

一方、シニア向けの保障では、医療、介護、生命と言った、シニアだからこそ手厚くカバーしておきたい分野が並んでいます。

シニア世代は心配が先走り、ついあれやこれやと保険に加入したくなりがちですが、こくみん共済であれば基本の部分をしっかりカバーすることができるので、これひとつで安心だと言うメリットがあります。

家族構成や個人の希望などに合わせて、こうした保障を組み合わせれば必要な部分だけをカバーすることができ、保険料の無駄が発生しにくいです。

ちなみに保険と言うと、更新のたびに保険料も変わっていくと言うのが一般的です。

しかしこの保険ではそうしたことはなく、更新しても保険料は加入時のそれから変わらないままです。

よって生涯にわたり必要な保険金が計算しやすいと言うのも、大きな魅力です。