長崎材木店の木の家へのこだわり

福岡県にある長崎材木店

長崎材木店は福岡県にある住宅会社ですが、もともとは材木店から出発しています。

創業は明治時代までさかのぼり、100年以上の長い歴史があります。

長崎材木店は材木店から始まったということで、木の家に強いこだわりがあるのが特徴です。

鉄筋コンクリート造の家が主流の現在において、頑固に木造住宅にこだわり続けています。

同社が木の家づくりにこだわる理由は色々ありますが、まず、木の家はぬくもりがあるというのが一番です。

コンクリートの壁は触ると冷たいですが、木でできている家は、ほんのりとしたぬくもりがありますし、香りも人を心を安心させるものです。

人にとって本当に優しい家を提供したいというのが同社の家づくりのコンセプトの根幹にあります。

また、街の美しい景観を作っていかねばならないという社会的な責任の自覚が、木による家づくりを推進する原動力になっています。

なんでもいいから建てればいいやということではなく、地域の景観になじむ家を作っていくことを同社は心がけており、効率性や利益ばかりが重視される現在の経済社会のなかでは珍しい会社といえます。

それから、同社の家づくりのモットーの1つに「古びる家」というものがあります。

年月を経るほど美しく古びていき、自然と街の景観に溶け込んでいく、そんな家を作りたいというわけです。

また、職人さんの持つ伝統の技術を後世に伝えていきたいという想いも、木の家づくりにこだわる理由の1つです。

最近では完全に規格化された部品を集めてきて、あとは単に組み立てるだけのような家もたくさんあり、職人の技を必要としない家づくりも多くなりましたが、やはり本当にいい家を建てるためには、職人の技は欠かせないものなのです。

長崎材木店のこだわり

そんな匠の技を継承するためにも、長崎材木店は木の家づくりにどこまでもこだわっています。

長崎材木店は、家を建てる際には妥協を許しません。

そのことは、同社の建てる家はモデルハウスに建っているものと同じである、ということによく表れています。

他の住宅会社だと、モデルハウスはあくまでもモデルハウスで、展示用にちょっと高級に作ってあり、実際に注文を受けて建てる際は少々グレードがダウンしてしまう場合が多いのですが、長崎材木店の家はそんな手抜きはしません。

モデルハウスと同じ仕様で、本当にしっかりした家を建ててくれます。

もちろん、オプションで色々な設備を追加注文することもできます。

同社の住宅の真価を知りたければ、まずモデルハウスを見物してみるのがおすすめです。
 
参照元
長崎材木店