腰痛とモットンの機能

デスクワークや立ち仕事で腰が痛い、朝が起きると腰が痛いという経験をした人は多いと思います。

寝たのに腰に違和感や疲れが残っていたり、痛みがあるという場合、寝ている姿勢が問題の可能性があります。

寝起きの腰痛に悩まされているという場合、寝ている姿勢が問題ですがその原因を作っているのがマットレスです。

長い間使っていて寿命になっているマットレスを使っている、体重に合っていなマットレスが使っているという2つの原因が考えられます。

マットレスが寿命になると弾力性がなくなった状態になります。

特に体重のかかる中央部分が緩やかに窪んでしまっており、その状態で寝てしまうと背中や腰に体圧が集中してしまうことで腰や背中の痛みにつながります。

マットレスが寿命であれば買い換え時だと思い買い換えれば良いのですが、問題なのはマットレスを変えたばかりなのに腰が痛いというケースです。

重要なのは、マットレスの反発力です。

マットレスの反発力とは柔らかさと硬さ、弾力性などで押し返すことをいいます。

人気の低反発マットレスというのは、文字通り反発力の低いマットレスになります。

もともとは宇宙開発の中で衝撃吸収素材として開発されたものになり、圧力などを素材の内部で吸収するという特徴があります。

反発力が低いため体のラインに沿ってマットレスの中に体が沈み込む形となり、包まれているような感覚になります。

また、横向きになって寝ることが多い場合には腕や肩などの圧迫や、歪んだ姿勢なることが軽減されます。

ただし、包み込まれるということで寝返りがうちにくくなり、血流不足や全身または腰痛などを感じやすくなります。

このようなことを避けるためには、反発力の高い高反発マットレスがオススメです。

高反発マットレスがなぜ良いのか?

高反発マットレスとは、文字通り反発力の高いマットレスです。

寝返りするためには重いのはか筋肉の力が必要になります。

しかし、高反発マットレスは反発力が高いため無駄な力を使わずに寝返りをうつことができるようになっています。

また、体圧分散性が高いのも特徴です。

高反発素材の繊維があらゆる角度から体全体の体重を支えて体にかかる圧力を均一に分散してくれます。

そのため体が痛くなりにくいのです。

高反発マットレスの中でも特にオススメなのがモットンです。

モットンは腰痛対策に有効として販売されているマットレスで様々な機能があります。

従来の高反発マットレスよりも反発力が高く、寝返りをするときのエネルギーはほんの少しで良いとされています。

そのため歳をとって筋肉が衰えても自然な寝返りを無理なく行うことができます。

体を均等に持ち上げる機能があることから、肩からお尻まで一直線になり、歪みのない理想的な睡眠姿勢になります。

そのため背骨に負担をかけることがなく、腰痛や肩こりなどを軽減させることにもつながります。

通気性もよく蒸れにくい

また、モットンは通気性がよくムレにくいのもメリットといえます。

人は睡眠時に約コップ一杯の汗をかくと言われており、通気性が悪いと敷布団の湿度が上がってムレを感じて不快になってしまいます。

良質な睡眠の妨げになってしまいますが、モットンは発砲する泡の大きさを調節することによって高い通気性を得ることができるようになっており、快適な寝心地となっています。

素材に使われているウレタンフォームはダニや害虫が住み着いたり、発生しにくい素材です。

埃も出ないため掃除がしやすく衛生的であるという特徴もあります。

また、人は体重によって必要なマットレスの硬さが違ってきます。

モットンは体重に合わせてマットレスの硬さを選ぶことも可能です。

マットレスは睡眠時間という長い時間使用するもののため、しっかり体に合ったものを選ぶことが大切です。

<モットンの気になる特徴とは>

高反発マットレスであるモットンは、腰痛対策に効く、体にたいへんやさしいマットレスであるとして大きな人気を博しています。

では、その気になる特徴については何と言うことができるのでしょうか。

実はいくつかの優れた特徴を備えているため、それらをよく理解した上で使用することができるでしょう。

モットンの持つ特徴の一つは、何と言っても優れた反発力にあると言えるでしょう。

実際、その反発力の高さは、従来の高反発マットレスとは比べものにならないほどであると言われています。

もちろん、反発力がないため弾まない低反発のマットレスと比べるなら、その差は実に歴然としていると言ってよいでしょう。

高反発マットレスとして、高い反発力によって体をふんわりと押し上げることができるため、ふんわりとした寝心地を実感することができるようになるというのが大きな特徴となっています。

同時に、寝返りを打つ際に多くのエネルギー量を必要としないため、仮に筋肉が衰え気味な方であったとしても自然な寝返りができるのです。

体圧分散

もう一つの特徴は、体圧分散というものです。

これは、体を均等に持ち上げるというものです。

それによって、体のどこか一箇所に余分な負担がかかるといったことを避けることができます。

十センチほどの厚みがあるマットレスが体をしっかりと支えると同時に、体にぴったりフィットするように設計されています。

そのため、敷布団を使用しなくても、マットレスだけで使うことができ、なおかつ寝返りを打っても常に理想的な寝姿勢を保つことができるようになっているのです。

このようにきちんと体圧分散するおかげで、全身に心地よいふんわり感が実感でき、その結果心地よい睡眠が可能になるというわけです。

寝ている間にしっかりと筋肉を休ませることができ、胸や腰などへの負担を和らげることができるようになることでしょう。

耐久性と通気性

また別の特徴としては、優れた耐久性を挙げることができます。

モットンは、何と八万回に及ぶ耐久試験にさえ合格している商品であると言われています。

そのため、マットレスの上で何度寝返りをしてもそう簡単にへたれてしまうことはないでしょう。

一般的に言って、人生の三分の一ほどの時間をベッドの上で過ごすと言われているわけですから、このように耐久性に優れているというのは実に嬉しい特徴であると言えるでしょう。

加えて、もう一つの特徴としては、通気性に富んでいるという点を挙げることができるでしょう。

一般に、人は寝ている間に約コップ一杯分の汗をかいていると言われています。

そのため、敷布団の通気性が悪いとどうしても蒸れを感じ、心地よい睡眠が妨げられてしまいます。

しかし、モットンは発泡する泡の大きさを調整することによって、通気性を良くし心地よい睡眠が取れるように工夫されているのです。

また構造上、空気や汗が上から下へと流れやすくなっているため、蒸れにくいという特徴を備えています。

ダニも寄せ付けない

他にもたいへん嬉しい特徴として、ダニやノミなどを寄せ付けない衛生的なマットレスであるということです。

羽毛や羊毛、また木綿などはダニなどが付きやすく、ホコリも出やすいという特徴がありますが、その点モットンのウレタンフォームなら安心です。

ダニやノミといった害虫やホコリの発生を抑え、衛生的な状態を保つことができるのです。

一般的に言って、人それぞれ体型も違えば体重も違います。

そこで、モットンの優れた特徴の一つとして、自分の好みや体重などに合わせてマットレスの硬さを選べるという点があります。

自分にとって最適な硬さを見極める点で助けになるのは、各体重別に行なわれる体圧分散測定のデータです。

それらのデータに基づいて、できるだけ腰に負担のかからない最適な硬さを選ぶことができるようになっています。